sponsor

ゴールデンカムイの歴史背景とアイヌ料理とアイヌ語

ゴールデンカムイ 人物相関図
映画/ドラマ
sponsor

ゴールデンカムイ 金塊を狙う者

金塊を狙う者目的
杉元佐一戦友の頼み
土方歳三(土方派)囚人北海道占領・蝦夷地区独立
鶴見篤四郎中尉(鶴見派)第七師団北海道独立
(2期~)キロランケ アイヌ極東連合国家を作る

のっぺら坊と土方

  • のっぺら坊は土方にだけ伝えたことがある
  • 刺青を彫ったのはのっぺら坊で親玉は土方か?

アイヌの7人を殺して金塊を奪ったのは誰?

キロランケのっぺら坊はアシリパの父ウイルクだと言う
のっぺら坊はアシリパに託した
インカラマッキロランケに殺された
(7人の殺害現場の指紋と一致、指紋の情報を得るために鶴見に近づいた)
のっぺら坊はキロランケの仲間?
SPONSOR
sponsor

ゴールデンカムイのアイヌ料理

チタタㇷ゚肉や魚を刃物で叩いてひき肉にする料理(我々が刻むという意味)
オハウ温かい汁物/2話
キナオハウ野菜汁/4話
ユクオハウ鹿肉の鍋/7話
ルイベ生の魚や肉を立ち木に釣るして凍らせたもの(溶けた食べ物という意味)
桜マスのオハウ桜マスと春野菜、春に食べるオハウ
ヤマギシのチタタプ鍋ヤマギシは脳はそのまま、その他はチタタプにして鍋に
鮭のチタタプ本来チタタプは鮭で作る
チポプサヨお粥にイクラを入れる
チポロラタシケプジャガイモの潰したものにイクラを入れる

ゴールデンカムイ 北海道名物その他の料理

ニシン蕎麦ニシンの甘露煮がのった蕎麦
花園公園名物串だんご串だんご
桜鍋馬肉の鍋
磨きニシン干されたニシン(保存する知恵)
ニシンの油粕は肥料となる
ニシン漬けニシンと野菜を米麹と塩で漬け込んだもの
蝦夷鹿肉のカレー
サッポロビール創業村橋久成(函館戦争で土方と戦う新政府の軍人)
なんこ鍋空知地域の郷土料理、もつ煮(馬の腸)
カネ餅秋田の非情報経口食、丸太陽と楕円月2つ作る
いごねり新潟 街道(いご草)から作る郷土料理。

二瓶ご飯(猟師で囚人・レタラと戦う)

心臓焼きましたヒグマの心臓
血の腸詰ヒグマ

ゴールデンカムイ 樺太アイヌ・ニヴフ民族・ロシア料理

フレップワイン樺太 コケモモのワイン
フレップの塩漬け樺太 コケモモの塩漬け
銀ギツネ黒に白い差し毛、毛皮として高級品
アリ樺太 トナカイのバター
リペースカ樺太 小麦粉で焼いたパン
スーシカ樺太 お菓子
ボルシチロシア ボルシチ/31話
モスニヴフ 魚の皮で作るお菓子

リスのチタタプ(2話)

チタタプにすることで、食べにくいものも食べやすくなる。

  1. 皮を剥ぐ
  2. 胆のうは苦いので取り除く
  3. 内臓、脳みそも刃物で叩く
  4. 2話ではオハウに入れていただく(つみれ汁)
ゴールデンカムイ アイヌ料理
ゴールデンカムイ アイヌ料理

ウサギのチタタプ鍋(3話)

リスよりあっさりしている。

  1. エゾマツタケ、オシロイシメジ、干した行者ニンニクをチタタプに混ぜる
  2. 杉元は出来たチタタプ鍋に味噌を入れる

エゾハナカジカで出汁をとったキナオハウ(4話)

  1. ラゥオマㇷ゚(川魚用罠)でエゾハナカジカを獲る
  2. すぐに内臓を取る
  3. カジカで出汁をとり、根菜を入れる

その他

  • 鹿のチタタプ、鹿の肺は生で食べる(6話)
  • ユクオハウ(鹿肉の鍋)、鮭のルイベ(7話)

かね餅/マタギの食事(18話)

  1. 米粉+水+塩or味噌
  2. 葉っぱに包み囲炉裏で蒸焼き

トナカイ/樺太の料理( 29話)

  • 飼トナカイの乳をかき回しアリ(バター)を作る
  • リペースカ(小麦粉のパン)にアリをぬる

鯨汁

  • シロイルカ、じゃがいも、行者ニンニクで汁物にする

モス/ニヴフのお菓子(36話)

  1. 魚の皮を煮込んで潰す
  2. コケモモなを混ぜ
  3. アザラシの脂で味付け
  4. 外で凍らせる
sponsor

ゴールデンカムイのアイヌ語

北海道 アイヌ語意味
アチャポ
アマッポ紐を張り、紐に触れると毒矢が飛ぶ罠
イオマンテ儀式育てたヒグマを神へ送る儀式
イソホセタ動物犬ぞりの飾りを着けた先頭の犬
イワンオンネチェップカムイ魚の主
エタシペ動物トド
エトピリカくちばしが美しいという意味 異性を惹き着けるもの根室にしかいない鳥
オココクセ儀式叫び、火の神様に熊が獲れたことを知らせる
オポカイ動物(樺太アイヌ)ジャコウジカ
オソマ
カムイ
カムイホプニレ儀式狩りで獲ったヒグマを送る神の出発という儀式
キサラリ遊び耳長お化け(子供を脅かして遊ぶ)
キムンカムイヒグマ
クッチ植物サルナシの実
コタン場所
コタンコロカムイ動物シマフクロウ
鮭イチゴ植物野苺
サロルンチカプリムセ踊り鶴の舞
シサム和人(アイヌ以外の日本)
シタッ白樺の樹皮(油が多いから松明に利用)
スワシ風邪の時に煮汁を飲む 苦い灌木という意味
チェプウルイトウの皮で作った服
チシポ針入れ
チライアパッポ植物福寿草(イトウの花の意味)
トゥレンペ守り神
トゥレッタニヤマギシ、口ばしからウバユリを獲る鳥という意味
テイネポクナモシリ信仰地獄
ニプシフム状況木が裂ける音
ヒンナ信仰食事に感謝する
メコ動物猫、寒さで死ぬるものという意味
メノコマキリ女性用小刀
パウチカムイ淫魔、取り憑かれると素っ裸で踊り狂う
フチ祖母
フンペ動物鯨(モリフンペは白鯨)
ペカンペ食物ヒシの実、水の上にあるもの
ホホチリ男の子の前髪に着ける三角の飾りで1人で獲物を捕ったら切り取る
ホロケウカムイ狩りをする神
マキリ小刀(女性に送る、マキリの彫の出来で男の生活力を図る)
マタカリㇷ゚動物夜に徘徊するもの
冬ごもりしそこなったヒグマ
マッネパ季節夏、女の季節
ヤイスマウカレ治療湯気に蒸されて汗をかく治療法
ライクルシ死装束
ラゥオマㇷ゚川魚用罠
レタラ状況白い
レタンノヤノコギリ草(止血)
ワッカウシカムイ信仰水の神

ゴールデンカムイの樺太アイヌ・ニヴフ民族の言葉

言葉意味
スケェンカロシアの競技
バーニャロシア式蒸し風呂
イソポセタバーニャで体を叩き血行を良くする葉
ジャコジカ樺太 季節労働者
ウラーチャーンガイニ樺太 トナカイに遠くに行かないように着ける首輪
サマ樺太 神と人間の間を取り次ぐ者
サマの祈願により治癒する(悪魔が取り憑いている)
セワ樺太 お守り
メコオヤシ樺太 猫の化け物、オオ山猫
ユルバルス虎(ナーナイ民族は虎は神様)
白ヨモギニヴフの薬

ゴールデンカムイの北海道、その他の言葉

言葉意味
ヤン衆ニシン漁で雇われる人ら
玉切り包丁ニシンの粕玉を切る包丁
農耕馬農耕に使う馬
道産子
八百比丘尼(やおびくに)人魚肉で不老不死の伝説
山猫芸者を表す、インチキ、人を化かすという隠語

マタギ、猟師の戦い

送り狼(マタギ)狼につけられる
木化け(マタギ)機と同化し気配を消す
狼の糞のろし
sponsor

不死身の杉本と埋蔵金

不死身の杉元(杉元佐一)

明治37年(1904年)、遼東半島(朝鮮半島の北西)、旅順(大連市の西部地区で日露戦争の激戦の舞台となった軍港)の203高地

幼馴染みで戦友の頼み、目が見えなくなる奥さんのアメリカでの手術代と渡航費で200円。奥さんを頼むと言い残し死ぬ。

埋蔵金

北海道のゴールドラッシュ(金塊は20000貫)

男(のっぺら坊)がアイヌの村の代表者7人が軍資金として集めていた金塊を奪って隠した。男は網走監獄に入れられ、隠し場所の暗号を囚人の体に彫った。男は囚人に脱獄に成功した者に金塊の半分をやると。刺青は囚人全員で1つの暗号であった。

5年前男が金塊を奪う

アシリパの父他7人が殺される。アイヌは川で砂金を採ったことによるワッカウシカムイ(水の神)の祟りだという。呪われた金塊。

アイヌの言い伝え

日高、釧路、白老で砂金を採り水を汚し、鮭が獲れなくなった。アイヌは砂金を採らなくなり、砂金は隠され、話すことを禁じられた。

刺青

刺青は正中線で切れている。最初から皮を剥ぐために彫られていた。

  • 刺青人皮の偽物が6体作られる/14話
  • 偽物の見分け法は鶴見が知る
sponsor

ゴールデンカムイ第1~3期の登場人物の動き

  • のっぺら坊はアシリパの父親か?
  • 刺青人皮の鍵を握るのはアシリパである
  • 第一期 刺青人皮を探す
  • 第二期 網走監獄へ のっぺら坊に会いに行く
  • 第三期 樺太、亜港監獄へ ソフィアを脱獄させる
  • キロランケ死亡 北海道へ戻る
ゴールデンカムイ 人物相関図
ゴールデンカムイ 人物相関図
ゴールデンカムイ 人物相関図
ゴールデンカムイ 人物相関図

網走監獄へ向かう集団と網走監獄後の集団

青 囚人緑 第七師団

網走監獄へ網走監獄の出来事網走監獄後
キロランケ、尾形キロランケ、尾形、アシリパ、白石樺太へ
杉元、アシリパ
囚人白石、囚人都丹
杉元とのっぺら坊が
尾形に撃たれる
谷垣、インカラマッ、チカバシインカラマッが
キロランケに刺される
鶴見派月島、鯉登、杉元、谷垣樺太へ
土方派、永倉、看守門倉
囚人牛山、囚人家永
土方派、永倉、牛山、家永、都丹、看守門倉
犬童(網走監獄典獄)土方に撃たれる

網走監獄の警備(監獄の造り五翼評者上平屋舎房)

  • 門倉部長→土方へ情報、杉元の侵入を手助けする

暗闇で動ける盲目の囚人 都丹

硫黄山に派遣された囚人

  • 硫黄は火薬の原料
  • 亜硫酸ガスで失明

網走監獄後

  • アシリパに合わせたい人がいると樺太へ(キロランケ、尾形、アシリパ、白石)
  • 杉元らと鶴見派より月島と鯉登がアシリパを追う

アレクサンドロフスクサハリンスキー(亜港)監獄後の集団

ソフィア脱獄後

  • キロランケ、尾形、ソフィア、アシリパ、白石
  • 杉元、谷垣、月島、鯉登はアシリパを追う

狼の群れを見てアシリパが暗号を思い出した後

アシリパが尾形に矢を放つ

  • 杉元が尾形を死なせない
ゴールデンカムイ アシリパと尾形
ゴールデンカムイ アシリパと尾形

キロランケ死亡

ゴールデンカムイ キロランケ死亡
ゴールデンカムイ キロランケ死亡
  • キロランケは谷垣を撃つ
  • キロランケを谷垣が刺す
  • キロランケの仕掛け爆弾に月島負傷
  • キロランケを鯉登が刺す→死亡

キロランケ殺害後

  • 尾形は逃げる
  • アシリパ、杉元、白石、鯉登、谷垣、月島、チカバシ、エノノカ(樺太アイヌ)は北海道へ

網走監獄でウイルク(アシリパの父・のっぺら坊)を撃ったのは誰か?

  • 杉元、ウイルクを撃ったのは尾形
  • 合図を出したのはキロランケ
  • ウイルクはアイヌを殺してない
  • キロランケがウイルクを殺したのは何故か?
sponsor

杉元佐一(不死身の杉元)の一派

杉元佐一戦友の頼みのために金塊がほしい
アシリパアイヌ
白石由竹脱獄王
キロランケアイヌ、元第七師団、アシリパの父の友人

谷垣源次郎

第七師団、マタギの谷垣(秋田出身)

  • 二瓶(囚人、猟師、猟犬はリュウ)とレタラ(白い蝦夷狼)を狙う
  • 罠に嵌りアシリパの村で傷を癒す
  • チカパシと出会う

谷垣の過去

  • マタギの仲間青山賢吉が妹フミと結婚
  • ある日、フミが賢吉に胸を刺され焼かれ死亡
  • 谷垣は仇撃ちのために203高地へ
  • 東京第一師団に青山賢吉が居た。

フミが死んだ真相

  • 疱瘡に感染したフミをフミが殺して焼いてくれと

インカラマッ(占い師)

  • アシリパの親戚の村長沼の占い師
  • 谷垣を利用するように鶴見の指示
  • 谷垣とチカバシと家族の振りをして3人で行動する
sponsor

土方派・土方歳三(網走監獄囚人)

土方は殺し合わず油紙に刺青を写すように言う。刀 和泉守兼定を持つ。

  • のっぺた坊が土方にだけ伝えたことがある

土方の金塊の目的

  • 北海道占領(蝦夷地区独立)
土方派
土方歳三函館戦争の敗残兵、北海道占領を企む。囚人
牛山辰馬不敗の牛山、囚人
家永カノ同物同治の元医師、牛山が連れてくる、囚人
永倉新八ガムシン、武器を調達、元新選組

土方vs犬童(網走監獄)24話

  • 犬童四郎助(樺戸集治監典獄)土方を殺さず(復讐)に網走監獄へ連れてくる
  • 土方を配下に置くことが犬童の復讐となる
sponsor

鶴見篤四郎中尉

鶴見篤四郎中尉の策略(クーデターを計画)、旅順攻囲戦で203高地を陥落させたが第七師団は多数を戦死させ、第七師団は格下げ、鶴見は軍事政権を作ることを策略。

  • 金塊でアメリカから武器を買う
  • 第七師団をのっとる
  • 港を制圧し北海道を手に入れる
  • 兵器工場への投資を持ちかける

鶴見と月島(27話)

ロシア情報将校として第七師団に所属になった鶴見が、父親殺し(尊属殺人)の死刑囚だった月島にロシア語を学ばせ第七師団に所属させる。

sponsor

北海道第七師団の人物と上下関係

  • 日露戦争の旅順攻囲戦で203高地を陥落させ、陸軍最強と言われる
  • 本部は旭川
  • 203高地で戦ったのは、北海道第七師団、四国第十一師団、金沢第九師団、東京第一師団

杉元(30年式拳銃)は第一師団

第七師団
参謀長旅順攻囲戦で手柄のために正面突破に固執多くを戦死させたと揶揄され自害
淀川輝前中佐27聯隊隊、鶴見中尉に逆らえない
和田光示大尉月島に撃たれる
鶴見篤四郎中尉奉天会戦で前頭部と大脳前頭葉の一部を失う
花沢勇作少尉元第七師団長花沢幸次郎の息子、尾形百之助の兄
騎手、日露戦争で尾形に撃たれる
鯉登音之進少尉薩摩出身(犬童が偽物だと気づく)
父は鯉登平二海軍少将
玉井伍長鶴見に謀反を起こす
尾形百之助上等兵歩兵第27聯隊、射撃300m先の頭を打ちぬく
花沢幸次郎の腹違いの息子(母と勇作を殺す)19話
鶴見派(鶴見に謀反を企てる)
二階堂洋平双子、鶴見派(土方に足を切られ銃入りの義足をつける
二階堂浩平双子、鶴見派(鶴見に謀反を企て谷垣に殺される)
小宮幾太郎謀反?(二階堂に造反組だと名指しされる)
三島剣之助鶴見派
月島基軍曹鶴見派、ロシア語堪能、元死刑囚
谷垣源次郎マタギの谷垣(罠に嵌りアシリパの村で傷を癒す)
キロランケ元第七師団工兵(即席の手投弾)
有坂成蔵銃器開発、第七師に武器提供
網走監獄看守網走監獄に看守として潜入
  • 雷型駆遂艦で大湊要港部司令官 鯉登平二海軍少将(鯉登音之進少尉の父)は網走監獄を襲撃
sponsor

ゴールデンカムイ 刺青囚人 24人と刺青を入手した者

  • のっぺら坊の指示は小樽に行け
  • 親玉は土方歳三と言う

第1期

刺青の囚人刺青を入手して者
後藤竹千代埋蔵金の話を聞かされる(杉元が刺青人皮を入手)1話
笠原勘次郎小樽(北海道一の商業都市で北のウォール街と言われた)で見つける(アシリパが描く)2話
白石由竹脱獄王(杉元と共にする)2話
油紙に写し土方
牛山辰馬不敗の牛山(土方派へ)3話
土方歳三新選組/3話
津山睦雄鶴見が刺青人皮を着ている/5話
二瓶鉄造悪夢の熊撃ち(杉元が刺青人皮を入手)6話
辺見和雄殺人鬼(目の前で弟がイノシシに殺され、残酷に死に方を模索)8話
人皮は杉元が入手、油紙に写し土方
家永カノ同物同治の元医師(牛山が助ける、土方派)11話
宝井哲夫土方の用心棒となる物が賭博で手に入れた刺青人皮/12話
若山輝一郎小牧競馬で八百長していたヤクザ/12話

第2期

刺青の囚人刺青を入手して者
船橋荘六炭鉱夫、夕張の剥製工場の江渡貝から鶴見
鈴川聖弘元結婚詐欺師(鯉登少尉に殺される)鶴見
坂本慶一郎韋駄天の稲妻強盗(鶴見)
姉畑支遁動物博士(杉元)
都丹庵士盲目の盗賊団の写し杉元土方/21話
網走監獄に侵入を手助け

第3期

刺青の囚人刺青を入手して者
岩息舞治スケェンカの競技者の写し杉元/25話
土井新蔵幕末に暗殺を行った人斬り用一郎土方に斬られる
恨みを持つ和人に妻を人質に取られ和人を殺め網走監獄へ

その後

刺青の囚人刺青を入手して者
関谷輪一郎毒物を扱う
松田平太砂金彫師・道東のヒグマ男
海賊房太郎監獄の海賊
上エ地圭二シリアルキラー
マイケル・オストログロシア生まれでイギリス、フランスで強盗

刺青人皮の偽物と偽物の見分け方

  • 鶴見の指示で剥製工場の江渡貝は刺青人皮の偽物を6人分作る
  • 坑道内ガス爆発→爆心が空気を吸い込む「巻戻し」→空気の流れを閉鎖して再爆発を防ぐ
  • 怪力の牛山がアシリパらを助ける
ゴールデンカムイ 人物相関図
ゴールデンカムイ 人物相関図
  • 月島が6枚の複製を鶴見に渡す(偽物の見分け方鉄、タンニンで黒くなる)

のっぺら坊について

キロランケ(父の友人)のっぺら坊はアシリパの父
土方のっぺら坊はアイヌになりすました極東パルチザン
のっぺら坊はアシリパの父
鶴見殺した7人の遺品の傷からのっぺら坊はアイヌ
sponsor

アシリパについて

  • 子供の頃の名前 エカシオトンプイ(祖母の尻の穴)
  • 和名(戸籍上の名前)小蝶辺明日子
  • アシリパの母の弟が父親代わり
  • アシリパは父と同じ色の目をしている
  • 父と母は小樽で知り合う
  • 母が父にアイヌについて教える

白い蝦夷狼 レタラ

最後のホロケウカムイ(狩りをする神)。ヒグマに襲われている小さなレタラを助ける。レタラは育ってアシリパの元を去った。

レタラはつがいで4頭の子供がいた。

sponsor

アシリパの父(ウイルク、ホロケウオシコニ)

弱った狼がいて、狼の群れが狼を殺した。無駄のない機能的な美しさが狼の生き様。ウイルクはポーランド語で狼という意味。アイヌ語の名前はアシリパの母がつけた「ホロケウオシコニ」狼に追い付くという意味。

インカラマッ談「アイヌを殺して金塊を奪う人ではない。」

  • 樺太混じりのアイヌ語を話していた
  • ポーランド人(帝政ロシアに弾圧され流刑されたポーランド人がいた)の父と樺太アイヌの母
  • 帝政ロシアからの解放運動から小樽へ逃げてくる
  • キロランケに殺された(7人の殺害現場の指紋と一致)
  • のっぺら坊はキロランケの仲間?

キロランケ談

キロランケは父の友人で父と一緒に日本へ来た人物。

  • のっぺら坊はアシリパの父親で金塊をアシリパに託すつもりだった

日本人とロシア人に翻弄されたアイヌ←ウイルクはアシリパに未来を託す

sponsor

樺太の民族とアイヌとロシア皇帝暗殺

ゴールデンカムイ アイヌと樺太
ゴールデンカムイ アイヌと樺太
どちらの国でもない30年前の条約
樺太アイヌロシア領(和人やアイヌは北海道へ)
ウイルクは父はポーランド系なので樺太に残る
北海道に移住したアイヌで伝染病が流行る
千島アイヌ日本領
北海道アイヌ日本

アメリカの先住民族は、各民族が対立し殺し合っていたから白人に負けた。ウイルクは極東連合国家を作ろうとした。

樺太の民族

  • 樺太アイヌ
  • ウイルタ民族(木の上に棺を乗せて天葬)
  • ニヴフ民族

土方談

極東の三つ巴の戦い

  • 帝政ロシア
  • 共産党 レーニン
  • 少数民族のパルチザン←アシリパの父、キロランケは独立戦争の資金か?

鶴見談

1881年、ロシアの首都サンクトペテルブルグ、皇帝アレクサンドル2世が暗殺。犯人は「人民の意志」指名手配の男が当時10代のキロランケとアシリパの父。←鶴見はロシアに情報を流す。

キロランケ

  • アシリパの父とウイルクと反体制過激派組織でロシア皇帝を暗殺する。

ソフィア 皇帝暗殺の首謀者

  • アシリパとキロランケの指導者で憧れの人
  • アレクサンドロフスクサハリンスキー(亜港)監獄にいる

長谷川幸一(本名 鶴見篤四郎)

長谷川幸一(長谷川写真館、日本語を教えた日本軍のスパイ、本名鶴見篤四郎

  • グリゴリー(ウイルク)、ゾーヤ(ソフィア)に日本語を教えた
  • ソフィアはフランス語も話すことから貴族階級である

長谷川談→維新の三傑、大久保利通、木戸 孝允、西郷隆盛の働きで近代化した。

ウイルク強い意志で行動する冷酷(大久保利通)
キロランケ陽気で柔軟で剣の達人(木戸 孝允)
ソフィア誠実で義理と情があり人望がある親分肌(西郷隆盛)

鶴見篤四郎

ロシア皇帝暗殺の理由

  • 農民、農奴、奴隷の階級があった
  • 革命家は農奴がロシア皇帝を崇拝しているので変わらないと考えた
  • 皇帝は単なる人間だと証明するために暗殺した

極東少数民族はロシアに危機感があったので、革命家、解放運動に加担する。

sponsor

ロシア領 レクサンドロフサカヤ刑務所

流刑の地樺太

  • アレクサンドロフスクサハリンスキー(亜港)監獄は最初に到着する港にある
  • 解放運動で捕まった極東の少数民族が移送された

ロシア領 レクサンドロフサカヤ刑務所爆破→ソフィア脱獄

遊牧民族(ウイルタ民族)は国境を行き来するこを黙認されている。灯台を敵に利用されないように、古い灯台に爆薬が支給されていた。

  • ウイルタ民族になりすましロシア領に入国する
  • 囚人250人を脱獄させる
  • ニヴフ民族の漁師が多い明け方に爆破、ニヴフ民族に紛れて逃げる

ソフィア脱獄後

流氷の季節になるとタタール海峡は氷り、樺太は大陸と繋がる。

  • ウイルクとキロランケは樺太へ渡り、北海道へ行く
  • ソフィアは残った
sponsor

アイヌの文化と信仰

  • アイヌの女性は7~8歳で口の周りに刺青をする
  • 赤ん坊に病魔が近寄らないように汚い名前で呼ぶ
  • 6歳で名前を付ける
  • 川の水を汚さない(選択や排泄物を流さない)
  • 生まれた瞬間にトゥレンペ(守り神)が付く
  • 貰い物は守り神におそそ分けする
  • 副葬品はあの世でも使えるように、傷を付けこの世の役目を終わらせる
  • 神居古潭(カムイコタン)は神の領域(事故が多い地域、人間が近寄ってはいけない)
  • イペタム(人を食う妖刀)をカムイコタンに埋めたという伝説がある
  • 残された物に送る儀式をされないと死後の世界に行けない
  • 役立つ火、刃物、木、力を及ばない天候や疫病もカムイが宿ってるとされる
  • カムイは人間と対等
  • 女が男の家で食事を作り、男が半分食べて女に渡し女が食べたら婚姻が成立

トゥレンペ

  • トゥレンペは首の後ろから出入りする
  • 人の性格の違いはトゥレンペによる
  • トゥレンペを見える人がいる

アイヌの狩猟と動物と神様

アイヌは狩猟を生業としており、動物のカムイは重要な神様である。動物は神の国では人間の姿をしている。キムンカムイ(ヒグマ)は位が高い。動物はこの世界に遊びに来ている。

イオマンテ

ヒグマの子供を育て大人になると、盛大なイオマンテ(儀式)で神へ送り返す。カムイ達が何度でも訪れるようにこの世界が楽しい場所だと他の神様に伝えてもらう。

カムイホプニレ

神の出発という儀式、狩りで獲ったヒグマを送る儀式

sponsor

アイヌの動物や魚と狩猟

ヒグマ

  • 冬ごもりしていたヒグマは胃が縮んでいるためにすぐに人間を食べない
  • マタカリㇷ゚は気が荒い
  • 一度人間を食べたヒグマは人間しか食べなくなる
  • アイヌは人を食べたヒグマの肉は食べない

毒矢(トリカブト)

  • クマの毛が寝ていることから死んだことがわかる
  • 毒矢の周囲の肉を取り除く(肉や毛に毒が回らないように)

ヒグマの体重を利用した戦い方

  • ヒグマの下に潜り込み、覆いかぶさってくるヒグマを下から刺す

ヒグマは余すことなく利用できる

  • 胆のう 乾燥して生薬(高値)
  • 脂 火傷の薬

ヒグマの巣穴(ヒグマは巣穴を再利用する時もある)

  • 氷柱や生臭いかったら、ヒグマがいる可能性がある

アイヌの言い伝え

  • ヒグマは巣穴に入ってきた人間を殺さない

巣穴のヒグマを捕獲する方法

  1. 巣穴の入口に杭を打つ
  2. 杭の間から顔を出したところを毒矢で打つ

ヒグマの子供を育てることは名誉なこと

  • 肉汁と米汁を混ぜたもので育てる
  • 1~2年育てると盛大な儀礼(イオマンテ)神へ送り返す

エゾマツ(松ぼっくりが落ちている)リス

リスの捕獲

  • 松ぼっくりの食べ残しが落ちているエゾマツはリスの餌場
  • エゾマツに棒を立てかけ針金で作った罠をしかける
  • 木の実しか食べないリスの肉はおいしい
  • リスの毛皮は売れる

ウサギ

ウサギがウロウロするのは天気が崩れるから。

  • 馬肉は腫れが引く効果

鹿

鹿は神様ではなく神様が地上に撒いた獲物。ある年、鹿が多量に死に、神様は怒って地上に鹿を下ろさなくなった。

  1. 雄鹿の角研ぎの跡(縄張りの主張)
  2. 研ぎ後を棒でこすり鹿をおびき出す
  3. 鹿は決まった間隔で糞をするので距離の目安になる
  4. 足跡から弱った具合がわかる

鹿は死ぬがその体温は杉元を生かした。動物の肉を食べ、残りは草や木、大地の命に置き換わる。鹿は生きぬいた価値がそこにある。

毛よじり 枝の先を割り広げた道具。

  1. 巣穴に毛よじりを差し込む
  2. 狸に当たったら、毛よじりをひねり引っ張り出す
  3. 狸は死んだ振りをする

ニシン漁と鯨(フンペ)とシャチ

ニシン漁でニシンに群がる鯨、鯨を目当てにシャチも漁場にくる。

イトウ

チライアパッポが咲くのはイトウが川へ上ってくる合図。皮で雨風を通さない服(チェプウル)や靴や小刀の鞘を作る。皮がおいしい。

  1. 川をせき止め獲る

狐は人間をたぶらかすと言われている。狐、カワウソの皮は1枚1円、ヒグマは5円、エゾリスは20銭。

  1. 油樽に三寸釘を打つ
  2. 底の油をなめに来た狐が釘にひっかかる

マッネパ 山菜や野草を採る季節(女の季節)

アイヌの季節は冬と夏(マッネパ)だけ。冬は山に狩りに行く男の季節。夏は山菜や野草を採り保存食を作る季節。フキは生で食べる。

桜マス

春に川に戻ってくる。

トゥレッタニ(ヤマギシ)

習性を利用した罠で捕まえる

  1. 枝で通路を作る
  2. くくり罠を仕掛ける

マンボウ

夏、マンボウは水面に浮いているのでその肉を獲る。

ラッコ、バッタ

ラッコの肉は食べると欲情する。

ジャコウシカ

身も毛皮も売り物にならない。ジャコウ腺という分泌液を出す部分を乾燥させると漢方になり、香水になる。

鮭はアイヌの主食(本来チタタプは鮭で作る)

  1. 頭を切り取る
  2. ヒズ(上顎の軟骨)切り取る
  3. 頭とエラと脾臓をチタタプにする
  4. お粥にイクラを入れチポプサヨにする
  5. ジャガイモの潰したものにイクラを入れチポロラタシケプにする

クズリ(樺太にいる猛獣)

イタチ科最大の猛獣、ヒグマより恐れられている、

エタシペ(トド)

夏場に樺太の北で繁殖し、越冬のために北海道へ。脂身は珍味(臭い脂身)。

トナカイ(ウイルタ民族の狩り、化けトナカイ作戦)

山トナカイ(野生)と飼トナカイ(ウイルタ民族が飼っている)と区別している。

  1. まず番兵(見張り役)を仕留める

トナカイの肩甲骨を焼いて占いをする。

アザラシ

アザラシの脂は醤油のようなもの。何にでもつけて食べる。

sponsor

アシリパの知恵

父が命名「アシリパ」は「新しい年」「未来」

  • 笹藪を通ることで足跡が目立たない
  • 留め足(自分の足跡を後退し、笹薮へ飛ぶ)
  • ニプシフム(木が裂ける音)樹木の水分が凍結し幹が裂ける
  • サルナシのツルで水分をとる、ツルでかんじきを作る
  • レタンノヤ(ノコギリソウ)止血
  • 大雪山の中鹿の皮の中で過ごす
SPONSOR
SPONSOR
sponsor
ゆきををフォローする
配信とインテリアと実話の映画
タイトルとURLをコピーしました