sponsor

Wi-Fi6ルーターの比較一覧と外箱の表示

Wi-Fi6対応ルーターの比較と外箱の表示の意味
デジタル機器配信サービス
sponsor

Wi-Fi6対応ルーターの比較一覧

  • 6番目のWi-Fi規格「11ax(IEEE 802.11ax)」を「Wi-Fi 6」と呼ぶ
  • Mbpsは1秒間に送受信できるデータ量
5GHz2.4GHz価格
アンテナアンテナ数/Mbpsアンテナ数/Mbps
外付け8本/4803Mbps
11ax/ac/n/a
4本/1147Mbps
11ax/n/g/b
31,800円
外付け4本/4083Mbps
11ax/ac/n/a
3/860Mbps
11ax/n/g/b
23,900円
内臓4/4083Mbps
11ax/ac/n/a
2/573Mbps
11ax/n/g/b
14,174円
内臓4/2401Mbps
11ax/ac/n/a
4/800Mbps
11n/g/b
9,542円

Wi-Fiの規格とアンテナの本数と送受信可能なデータ量と価格を比較しています。(価格は価格ドットコムの最低価格を記載しています)

Wi-Fiルーター箱の表示の比較とその意味

目に入るのが外箱なので、その表示を比較。

Wi-Fi6対応ルーターの比較と外箱の表示の意味
Wi-Fi6対応ルーターの比較と外箱の表示の意味

外箱に表示されている主な内容

  • Wi-Fiの規格(11axまたはWi-Fi6、11n)
  • アンテナの本数(2本~8本)
  • 送受信可能なデータ量(Mbps)

通信速度・送受信可能なデータ量 Mbps の意味

1秒間に送受信可能なデータ量=Mbps

4803Mbps=1秒間に4603Mbit(メガビット)=1秒間に575MBの送受信が可能

※8bit=1Byte

SPONSOR
sponsor

ストリーム数とは・最適なストリーム数

ストリーム数とはアンテナの数のことです。アンテナの数が多いほど、高速に通信ができます。

  • 受信ストリーム数×送信ストリーム数
受信ストリーム数×送信ストリーム数
5GHz8×8、4×4
2.4GHz4×4 、3×3

最適なストリーム数

機器に12台以上の接続の場合4×4(アンテナ4本)以上
2~3階建ての一戸建て大型可動式アンテナ(外付けアンテナ)
マンションでファミリーの場合3×3(アンテナ3本)以上
ワンルームマンション2×2(アンテナ2本)

スマートフォンやPCだけではなく、最新の家電やTV、レコーダーなどはWi-Fi対応機器となっています。ルーターは度々買い替える製品ではないので、Wi-Fi対応機器が多くのなることを考えて購入した方がいいと思います。

sponsor

5GHz帯と2.4GHz帯

Wi-Fiの通信は5GHz帯と2.4GHz帯を利用しています。

5GHz帯障害物に弱い(壁などがあると障害となる場合がある)
周波数帯を使用する機器がないため、電波干渉が少ない
2.4GHz帯障害物に強い
電子レンジやBluetoothなど、電波干渉する
sponsor

通信規格と最高通信速度

「IEEE802.11ax」や「Wi-Fi 6」は、Wi-Fiの通信規格です。

「Wi-Fi」規格の新旧をよりわかりやすくするために、6番目のWi-Fi規格「11ax(IEEE 802.11ax)」を「Wi-Fi 6」と呼ぶことになりました。

buffalo
新しい呼称正式な規格名称
Wi-Fi 6IEEE802.11ax2019年
Wi-Fi 5IEEE802.11ac2013年
Wi-Fi 4IEEE802.11n2009年
最大通信速度周波数帯
Wi-Fi 69.6Gbps2.4GHz/5GHz帯
Wi-Fi 56.9Gbps5GHz帯
Wi-Fi 4300Mbps2.4GHz/5GHz帯

Wi-Fi 6のルーターは、Wi-Fi 5世代、Wi-Fi 4世代のPCやスマートフォンなどにも対応しています。

スマートフォン。テレビなどに最適なWi-Fiの通信規格

最新のスマートフォン・タブレットWi-Fi6(11ax)
機器12台以上に接続Wi-Fi6(11ax)
sponsor

ルーターのアンテナ内臓と外付けアンテナはどちらがいい?

アンテナ内臓アンテナが内臓されており360°電波が放出される
外付けアンテナ特定の場所の電波を強くしたい場合は
その方向にアンテナを向けることができる

2~3階建ての一戸建ての場合は可動式アンテナが良いとのこと。(参考 バッファロー)

Wi-Fi6対応ルーターの比較と外箱の表示の意味
Wi-Fi6対応ルーターの比較と外箱の表示の意味

ビームフォーミング

「ビームフォーミング」対応Wi-Fiルーターなら、子機側の位置や距離を判別し、電波を最適に届けることで、転送速度・安定性が向上します。

buffalo

iPhoneやXperia、スマートフォンには「ビームフォーミングEX」というWi-Fiを高速化する技術の対応機種があります。室内を持ち歩くiPhoneなどの場合、「ビームフォーミング」対応Wi-Fiルーターは効果的に電波を届けることができます。

「ビームフォーミングEX」とは、iPhoneのWi-Fiスピードを高速化する技術です。移動するiPhoneなどのbeamformingEX対応機器の電波をWi-Fiルーターの複数のアンテナがそれぞれ受信し、それらの電波の位相や振幅の差を計算することで、iPhoneなどの対応機器の位置や動きを察知します。

buffalo

MUMIMO

MU-MIMOは同時に複数の端末との接続できる技術で、複数の端末に繋いでも速度が落ちることがありません。

メッシュネットワーク(メッシュWi-Fi)

  • Wi-Fiルーターを2台以上利用し、Wi-Fiを拡張する方法

Wi-Fiを拡張する方法として、Wi-Fiルーター2台利用して、1台を親機、2代目を中継機して利用する方法があります。中継機は親機の電波を受信して、親機だけでは電波が届かない場所に電波を拡散します。

中継機を利用する方法とメッシュメッシュネットワークとは違いがあります。

中継機の利用親機中継機
メッシュネットワークコントローラーと呼ぶエージェントと呼ぶ

接続先が自動で変更されるメッシュネットワーク

中継機の利用接続先が固定されている
メッシュネットワーク最適な接続先に自動で変更される
SPONSOR
SPONSOR
sponsor
ゆきををフォローする
配信とインテリアと実話の映画
タイトルとURLをコピーしました